Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性関連情報に関する届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)およびJPCERT コーディネーションセンターは、2005年第1四半期の脆弱性関連情報に関する届出状況をまとめ、発表した。

今回発表されたのは、2005年1月から3月における、脆弱性関連情報の届出状況。IPAは脆弱性関連情報の届出受付を、JPCERT/CCは国内の製品開発者などの関連組織との調整を2004年7月より行っている。

同発表によれば、ソフトウェア製品に関する脆弱性情報の届出件数は12件で、そのうち6件が公表されている。その中には、サイボウズOfficeのHTML対応ウェブメール機能において、ブラウザスクリプトが実行される脆弱性や、マカフィーのウイルススキャンエンジンにおけるバッファオーバーフローの脆弱性などが含まれる。

ウェブアプリケーションに関する脆弱性情報の届出件数は71件で、そのうち54件が修正完了となっている。その中には、JavaアプリケーションのインストールプログラムなどがJava環境のセキュリティポリシーを書換えてしまい、PCのセキュリティレベルを低下させるというものが複数あった。

(Security NEXT - 2005/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生