Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友商事、個人情報保護対策としての携帯電話サービスを提供

住友商事は、携帯電話に個人情報を残さないことで、紛失や盗難などによる情報漏洩を防止する企業向けサービス「MobileStar Secured Service」の提供を、2005年4月30日より開始する。

同サービスは、同社が管理するサーバ側で電話帳やメールなどのアプリケーションを提供して、社員に貸与する携帯電話端末には個人情報を保存しないことにより、端末の紛失や盗難などによる情報漏洩を防止するもの。

ブラウザ経由で電話帳、スケジューラの利用や、メールの閲覧、送受信が可能。また待受アプリを利用して、端末の着信音を鳴らすような緊急連絡、安否確認にも利用できる。利用料金は、1回線当たり月額630円。別途、初期登録料および月額基本料が必要。

(Security NEXT - 2005/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず