Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、ガイドラインを踏まえた個人情報保護教育ASPサービス

NECは、個人情報保護法の業種別ガイドラインに沿った教育コンテンツを提供するASPサービス「業種向け個人情報保護教育eラーニングサービス」を開始した。

同サービスでは、総合的な個人情報保護の教育コンテンツにくわえ、業種ごとに管轄省庁などから発行されている個人情報保護法のガイドラインを踏まえた内容を付加した、実践的なコンテンツが提供される。

今回提供されるのは、医療機関向け、住宅業向け、石油サービスステーション業向けの3種。6月1日からは、自治体および大学向けのサービスを開始するなど、継続的にメニューの拡大を進めるという。価格は、2カ月間のサービス利用で、100名当たり87万円。500名当たり176万円。

(Security NEXT - 2005/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず