Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多摩郵便局、個人情報が記載された配達業務監査用紙を紛失

日本郵政公社東京支社は、4月12日、多摩郵便局の職員が、個人情報が記載された配達業務監査用紙を紛失したと発表した。

同支社によれば、同局職員が、配達に関する意見などを聞くために配布している配達業務監査用紙の局控え190枚、および返信葉書60枚が入った鞄を、電車の網棚に置き忘れて紛失したという。現時点では、まだ見つかっていない。

紛失した用紙に記載されていたのは、多摩市および稲城市の住人の氏名、住所など。同支社では、再発防止に向け、個人情報の保護徹底を各郵便局に指導するとしている。

(Security NEXT - 2005/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも