Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茨城銀行、FAX誤送信により顧客情報を流出

茨城銀行は、3月31日、顧客の外国送金依頼書3件を外為事務委託銀行宛てにファックス送信した際、誤送信したと発表した。

同行によれば、市場資金部より、顧客の外国送金依頼書3件を外為事務委託銀行宛てにファックス送信した際、ファックス番号を誤入力したために、誤送信となった。その後、誤送信先からの電話による苦情で、顧客情報の流出が判明したという。

誤送信した依頼書には、送金依頼人および受取人の住所、氏名、口座番号、送金金額などが記載されていた。現在、誤送信先の特定はできておらず、依頼書の回収は難しいとしている。同行では、被害者を直接訪問して謝罪するとともに、再発防止のため、ファックス送信時における行内ルールの再整備を進めている。

(Security NEXT - 2005/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト