Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茨城銀行、FAX誤送信により顧客情報を流出

茨城銀行は、3月31日、顧客の外国送金依頼書3件を外為事務委託銀行宛てにファックス送信した際、誤送信したと発表した。

同行によれば、市場資金部より、顧客の外国送金依頼書3件を外為事務委託銀行宛てにファックス送信した際、ファックス番号を誤入力したために、誤送信となった。その後、誤送信先からの電話による苦情で、顧客情報の流出が判明したという。

誤送信した依頼書には、送金依頼人および受取人の住所、氏名、口座番号、送金金額などが記載されていた。現在、誤送信先の特定はできておらず、依頼書の回収は難しいとしている。同行では、被害者を直接訪問して謝罪するとともに、再発防止のため、ファックス送信時における行内ルールの再整備を進めている。

(Security NEXT - 2005/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ