Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、携帯電話の課金情報を消失

NTTドコモは、FOMAiモードの利用課金データの一部が消失したと発表した。

同社によれば、FOMA用交換機の増設工事において、一部の交換機に設定誤りがあり、2005年1月13日から3月15日までのパケット通信料の課金データを消失したという。該当期間における通信は正常に利用できた。

同社では、データの復元は不可能としており、正常に処理された課金データのみを用いて請求する予定。

リリース
http://www.nttdocomo.co.jp/info/new/release.html

NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/

(Security NEXT - 2005/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県