Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、企業向けノートPCを一新 - セキュリティ機能を強化

富士通は、企業向けパソコンのラインナップを一新した。

新ノートPCシリーズ「FMV-LIFEBOOKシリーズ(全9シリーズ18機種)」は4月12日に発売予定で、
全機種にセキュリティチップを標準搭載し、各種ポートを無効とする「Portshutter V1 rel.2」を標準添付した。

また、指紋センサーや非接触ICカード技術方式「FeliCa」対応のリーダ/ライタを内蔵可能なシリーズを拡充。さらにパソコン廃棄や譲渡の際にハードディスク上に記録されているデータの流出を防ぐ「ハードディスクデータ消去ツール」を全機種に標準添付した。

同社は、企業向けデスクトップパソコンも一新。「FMV-ESPRIMOシリーズ」全6シリーズ20機種を4月12日より発売する。ノートPCと同様に「Portshutter V1 rel.2」を全機種に標準添付した。また、内蔵フロッピィディスク非搭載モデルを用意した。

(Security NEXT - 2005/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト