Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新銀行東京、NTTコムのセーフティパスを利用したネットバンキングサービスを提供

新銀行東京は、NTTコミュニケーションズのICカード認証、決済プラットフォーム「セーフティパス」を活用した、新銀行東京インターネットバンキングサービスを5月9日より開始する。

同行は、インターネットバンキングの本人認証方式として、契約者番号とパスワードで本人確認を行う「パスワード方式」と、ICカードとパスワードにより本人確認を行う「セーフティパス方式」を提供する。

「セーフティパス方式」では、同行のICキャッシュカードをICカードリーダーに挿入して本人認証を行う。申し込みをすれば、全てのICキャッシュカードで同方式によるインターネットバンキングサービスが利用できる。提供メニューは、残高照会、振込み、定期預金の預け入れ、顧客情報の変更など。

利用料金は、年会費で700円。ただし一年目は無料。また、サービス利用の際に必要となるICカードリーダーは、NTTコムより無償貸与される。

(Security NEXT - 2005/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性