Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F1観戦チケット購入者の個人情報が流出した可能性 - クレジットカード情報も

鈴鹿サーキットランドは、F1日本グランプリ観戦券発売の際、携帯サイトから購入した29名の顧客情報が、一時的に他の顧客により閲覧可能となる状況が発生したと発表した。

同事象は、券売開始日の4月3日午前10時から午後6時30分までの間、携帯電話からチケットを購入している顧客の入力画面が、他の顧客により閲覧できる状態になったというもの。原因は、チケット発売のための携帯用簡易画面作成時に、担当者が誤ったアドレスを入力したことによるものだという。

流出した可能性がある情報は、同時刻中にチケット購入画面を開いていた29名の名前、住所、電話番号、およびクレジットカード番号など。同社では、被害に遭った顧客に対して、電話と文書により謝罪、事実説明を行うとともに、同一時間帯に同サイトからチケットを購入した顧客全員に、購入情報の確認を行っている。

(Security NEXT - 2005/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正