Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、ドキュメント一元管理ソフトの最新版をリリース

アルプスシステムインテグレーションは、情報漏洩防止ソリューションの新バージョン「DocumentSecurity ver2.1J」を発売開始した。価格は175万円から(50クライアント)。

同製品は、管理者が設定したポリシーに基づいて企業内に散在するドキュメントのアクセス制御を一元管理することができるソリューション。機密情報が含まれる文書に対し、セキュリティレベルを文書ごと、使用者ごとに設定することができる。また、「暗号化」「ログトレース&分析」「外部デバイスへの書き込み制御」といった機能を搭載している。

最新版では、 部門や部署など、グループ管理者の権限設定を設けた。また、Windowsへのログオンと連動させることが可能となり、ローカル設定ファイルの設定によりERPやグループウェアなど他のシステムとDocumentSecurityのログインとの連携を実現している。さらにコンソールGUIを変更し、ユーザビリティを向上させたほか、簡易クライアント環境設定ウィザード機能を用意した。

(Security NEXT - 2005/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性