Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

亜種が短期間で多数発生 - トレンドマイクロ3月度レポート

トレンドマイクロは、日本国内における、2005年3月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートによれば、今月のウイルス感染被害の総報告数は2704件で、先月の2736件から大きな変化はない。新種ウイルスで流行したものはないが、亜種が短期間で多く発生しているのが特徴。特に亜種が多いといわれるBOT系の不正プログラムでは、3月だけでも「WORM_RBOT」254種、「WORM_SDBOT」398種、「WORM_AGOBOT」103種があらたに登場している。

また、フィッシング詐欺の報告とともに、大量メールを送信するウイルスでも、銀行やカード会社などの金融機関を装ったメールを利用しているケースが発見された。すでに被害に遭っている可能性を指摘するような内容のメールでユーザーを騙そうとするものもあるので、十分な注意が必要だとしている。

(Security NEXT - 2005/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず