Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイネスが業績予想を下方修正 - 個人情報漏洩の影響で

アイネスは、2005年3月期の通期業績予想を従来予想である4.5億円の赤字から22.5億円の赤字へ下方修正した。

同社によれば、昨年9月に発生した個人情報漏洩事故の影響が、従来予想を大きく上回ったためで、売上高の減少に加え、事故対応の影響により販管費の増加が響いたという。

売上高は345億円と予想しており、従来予想を44億円(12.8%)下回った。大きく落ち込んだ原因として、事故が解決するまでの間、商談が停滞したためで、同社では、3月に事故があった取引先の自治体と最終決着にいたり、現在商談状況は正常化したとしている。

問題となった個人情報漏洩事故は、同社元社員が在職中に社内ルールに違反し、自宅へ取引先自治体の個人情報を持ち帰り、昨年9月に可燃ゴミとして処理していたというもの。

同社では、物理的対策や教育、業務改革など、セキュリティの見直し、改善を実施し、同事件において業務を委託していた草加市より事故再発防止に取り組みについて評価を得たという。また、同じく業務を委託していた八潮市からは有識者により再発防止についてアドバイスを受け、セキュリティ管理体制を許可した。また、一部では指名停止処分となったが、現在処分期間はすべて終了したとしている。

(Security NEXT - 2005/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起