Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、持ち出しPCのセキュリティ対策を強化する新製品

トレンドマイクロは、社外に持ち出したパソコンを管理し、個人情報漏洩を防止するウェブアクセスセキュリティ製品「InterScan WebManager 3.5」を、2005年5月11日より発売する。

同製品は、社外に持ち出したPCに社内におけるセキュリティポリシーを反映し、閲覧を管理することによりセキュリティ対策を実現するもの。ノートPCに対し、セキュリティを向上するためのモジュール「End Point Module」を追加することで、社内ネットワークを離れたPCでも、閲覧の管理および履歴の記録ができる。

また、フィッシング詐欺対策として、スパムメールに記載されている個人情報の入力を促すようなURLを、データベースの専用カテゴリに登録、配信し、管理者が閲覧を規制する。価格は、一般、企業向けで、30アカウント当たりの単体価格が24万9900円。「End Point Module」を含む価格は、32万4870円となっている。

(Security NEXT - 2005/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中