Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月はウイルスや不正アクセスが増加傾向に - IPA報告

情報処理推進機構は、3月度のコンピュータウイルス、不正アクセスの届出状況をまとめ、公表した。

3月のウイルス届出件数は、2月の4150件から16.8%の増加し、4,846件だった。検出数も6.5%増加し、約262万個だった。前月同様「W32/Netsky」の届出が最も多く、1262件で、13カ月連続で1000件を突破。「W32/Bagle」が484件、「W32/Mydoom」が399件と続いている。

3月は、Windowsのセキュリティホールによりネットワーク経由で感染する新種ウイルスW32/Mytobが登場、亜種も20種類以上出現している。また、スパイウェアについても多数出回っており、感染しないよう対応ソフトをインストールしたり、不審なウェブサイトへのアクセスなどを避けるよう注意を促している。

3月の届出件数は59件と2月の63件と比較して約6%の減少したが、一方で被害届出件数は14件と2月の9件より増加した。不正侵入が9件で、ウェブサーバが乗っ取られ、フィッシングに悪用された被害事例もあったという。

(Security NEXT - 2005/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー