Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックス、ICカード認証でプリンタからの情報漏洩を防止する新製品

富士ゼロックスプリンティングシステムズは、ICカード認証により、プリント時の情報漏洩対策を実現するソフトウェア「iPrinting.Secu@ 認証印刷システム for DocuPrint 」を、2005年4月8日より発売する。

同ソフトは、レーザープリンター「DocuPrintシリーズ」と組み合わせ、プリント実行時にICカードによるユーザー認証を行うことで、印刷物の取り忘れや第三者の持ち出し、閲覧などによる情報の漏洩を防ぐもの。

パソコンからのプリント指示時と、プリンターのプリント実行時に二重でユーザー認証を行う「デュアル認証機能」、またはパソコンからのプリント指示時にのみ認証を行う「シングル認証機能」を設定可能。また、印刷伝送路の暗号化通信機能により、ネットワーク上での盗み見による情報漏洩を防ぐ。

ソリトンシステムズのセキュリティシステム「SmartOn NEO」との連携版と単独版が用意されており、価格はともに、サーバソフトが15万円(税別)。クライアントソフトが1ライセンス5000円(税別)からとなっている。

(Security NEXT - 2005/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市