Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鳥取赤十字病院、ウイルス感染PCから患者の個人情報が流出

鳥取赤十字病院は、かつて同院に在籍していた医師のパソコンから、小児科に入院していた患者63名の個人情報が流出したと発表した。

同発表によれば、小児科医師が症例研究のため、患者の基本情報や病歴などを個人のパソコンに記録して院外に持ち出し、自宅でインターネットに接続したところ、ウイルスに感染して記録されていた情報が流出したという。

流出したとみられるのは、2003年10月1日から2004年3月31日の間に小児科に入院した患者63名の氏名、生年月日、診断名、治療計画および検査データで、そのうち現時点で流出が判明しているのは36名だという。

同院では、被害に遭った患者に対して個別に訪問して謝罪し、事実説明を行っている。また再発防止策として、個人情報の院外持ち出しやメール送付の原則禁止、個人情報を研究に利用する場合の匿名化、異動、退職者による個人情報取扱いの厳重管理などを実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず