Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報登録時に規約を「念入りに確認する」は約1割 - 民間調査

ネットアンドセキュリティ総研は、インフォプラントが2004年11月に実施した、消費者の個人情報意識に関する調査の結果をまとめたレポート「個人情報保護法案がもたらす消費者変革とは」を販売開始した。

同レポートは、全国の18歳以上のインターネットユーザー1000人を対象に、消費者の個人情報意識と管理における現状、および個人情報保護法施行後の行動予測について調査した結果をまとめたもの。

公表された調査結果の一部によれば、「登録に抵抗を感じる個人情報」は「クレジットカード番号」が77.7%で最も多く、次いで「金融口座番号」が70.3%となっており、情報の流出を懸念する声が多いという。

しかし個人情報を登録する際、登録規約を確認しているかとの問いには、「念入りに確認する」との回答は10.9%で、半数弱が「ざっと目を通す程度」だった。また、7割が規約を保管していないという。レポートの価格は、ローデータ、調査資料それぞれ4万2000円。

(Security NEXT - 2005/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性