Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

昭和シェルがクレジット利用控えを紛失 - 不正アクセスが発生

昭和シェル石油は、横浜市の同社特約店においてクレジットカード利用控えを紛失したと発表した。クレジットカード番号を用いたなりすましなど、不正利用が発生しているという。

インターネット上のなりすましなど、不正アクセスに利用されていることが提携先カード会社の調査により判明したもの。昭和シェル石油と特約店で調査を実施したところ、特約店で保管していたクレジットカード利用控えを一部紛失していることが判明したという。

伝票には、利用年月日、会員番号、有効期限のほか、一部には英字の名字とイニシアルなど個人情報が含まれていた。盗難した恐れもあることから、管轄の警察署へ被害届を提出。同社では紛失伝票の対象となる顧客を特定し、不正アクセスを防止するシステムを稼働させたという。

同社では、不正使用分の請求書が届くといった経済的な被害は発生しないとしている。また、不正利用の拡大を未然に防ぐため、該当顧客に対して、関係するカード会社と連絡を取り、新たなカード番号のカードに差し替え発行を進める。

(Security NEXT - 2005/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意