Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アフラック、契約者情報1万3000件を紛失

アメリカンファミリー生命保険会社は、兵庫県内において団体契約者の一部契約者情報が記録された磁気テープを紛失したと発表した。

紛失した磁気テープは、団体契約顧客が保険料を請求するために提供しているカートリッジ型磁気テープ4本。兵庫県内の団体に所属する1万3777名の契約者情報が記録されていた。氏名、生年月日、証券番号、契約日、保険料といった個人情報のほか、被保険者の個人情報3573名も含まれていた。

団体へ貸し出した後、当社システム部門に返却されたが、同部門内で所在不明となったという。同部門では、監視カメラなどによりチェックしており、現時点では部門外に持ち出された事実は確認されておらず、同社では、他の不要な磁気媒体とともに廃棄してしまった可能性が高いとしている。

同社では、該当する顧客に対して事情を説明、謝罪状を送付した。

(Security NEXT - 2005/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
コジマの通販サイトで不正ログイン、詳細は調査中
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も