Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「振り込め詐欺」が大幅に減少 - 警察庁

警察庁は、2005年2月における、「振り込め詐欺」事件の認知、検挙数を公表した。

同発表によれば、2月の「振り込め詐欺」認知件数は、1月の2846件から大幅に減少し、1810件。被害総額は約17億円で、2004年7月から月別の統計をとるようになって初めて、20億円を下回った。

架空請求詐欺事件の認知件数は425件で、1月の830件から半数に減少した。件数は減少傾向にあるものの、一方で被害額は4億円から4億3600万円と増加している。請求の手口としては、「有料サイト利用料金名目」が285件で最も多かった。「借金返済・債権回収名目」が86件で2位だった。

「オレオレ詐欺」事件の認知件数は605件で、1月の1149件から約半数に減少した。手口は、「交通事故示談金名目」が264件で最も多く、次いで「サラ金等借金返済名目」が75件、「身代金目的誘拐等」が29件となっている。

(Security NEXT - 2005/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意