Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「振り込め詐欺」が大幅に減少 - 警察庁

警察庁は、2005年2月における、「振り込め詐欺」事件の認知、検挙数を公表した。

同発表によれば、2月の「振り込め詐欺」認知件数は、1月の2846件から大幅に減少し、1810件。被害総額は約17億円で、2004年7月から月別の統計をとるようになって初めて、20億円を下回った。

架空請求詐欺事件の認知件数は425件で、1月の830件から半数に減少した。件数は減少傾向にあるものの、一方で被害額は4億円から4億3600万円と増加している。請求の手口としては、「有料サイト利用料金名目」が285件で最も多かった。「借金返済・債権回収名目」が86件で2位だった。

「オレオレ詐欺」事件の認知件数は605件で、1月の1149件から約半数に減少した。手口は、「交通事故示談金名目」が264件で最も多く、次いで「サラ金等借金返済名目」が75件、「身代金目的誘拐等」が29件となっている。

(Security NEXT - 2005/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市