Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紙文書の紛失による情報漏洩を防ぐセキュアな印刷システム

キヤノン イメージング システム テクノロジーズは、非接触ICカードFeliCaを利用した認証セキュア印刷システム「NetHawk DSSX」を開発した。キヤノン販売を通じて2005年5月中旬より発売する。

同システムは、キヤノン製レーザービームプリンター「サテラ」シリーズ向けに開発されたもので、オフィスでのドキュメントの出力を管理し、ドキュメントデータおよび印刷データからの情報漏洩を防ぐ。

印刷の際には、ICカードによる認証か、もしくはユーザー名とパスワード入力による認証を行うことでプリントジョブが実行される。実行ジョブのデータはパソコンにデジタル暗号化されて蓄積され、印刷実行はプリンターに接続された同システムに認証カードをかざすことで開始される。

認証登録されたユーザーだけが印刷可能となり、さらに、プリンターまで行って印刷実行をしないと出力が開始されないので、紙文書の紛失、置き忘れ、覗き見などによる情報漏洩の防止になる。価格は、基本セットで9万8000円(税別)となっている。

(Security NEXT - 2005/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を