Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アドビがAcrobatにタイムスタンプ導入 - e-文書法に対応

アドビ システムズは、「Adobe Acrobat 7.0 日本語版」において、電子化した文書の証明力を高めるPFUのタイムスタンプサービスを採用することにより、「e-文書法」に対応したソリューションを提供する。

4月1日より施行される「e-文書法(通称)」の重要要件である、電子化された文書の完全性の確保を目的として、「Adobe Acrobat 7.0 Standard 日本語版」、および「Adobe Acrobat 7.0 Professional 日本語版」にプラグインできるソフトウェア「PFU タイムスタンプ for Adobe Acrobat」が提供される。これにより、証明力の高いデータ保存が可能となる。

電子署名、タイムスタンプを電子文書に含め1つのファイルとして管理が可能。また、 「Adobe Reader 7.0」による電子署名、タイムスタンプの検証が可能なため、あらたに検証用のソフトウェアを追加する必要がない。

プラグインソフトは、PFUのホームページより無償ダウンロードできる。利用価格は、1000スタンプ発行できるライセンスパックが1万500円、1万スタンプ発行できるライセンスパックが10万5000円となっている。

(Security NEXT - 2005/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず