Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォスが「キーロガー」を警告 - 口座情報盗難の可能性も

ソフォスは、キーボード上での操作を記録し、それを第三者へ送信する不正プログラムである「キーロガー」トロイの木馬の脅威が増加しているとして、警告を発している。

同社によれば、同トロイの木馬における報告数が、昨年に比べて3倍に増加したという。また発見数においても、1年前には1日5種類だったが、現在では1日15種類が発見されている。

ハッカー集団は、同トロイの木馬を使ってユーザーの銀行口座情報を盗もうとする。同社では、被害を受ける可能性があるのは大手銀行だけではなく、中小企業や個人ユーザーも注意が必要だとして、ウイルス対策やパーソナルファイアウォールの導入、マイクロソフトのセキュリティパッチ適用などを適切に実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003