Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSとBSA、ソフトウェアライセンス管理の再点検を支援するキャンペーンを実施

コンピュータソフトウェア著作権協会とビジネス ソフトウェア アライアンスは、ソフトウェアライセンスの自主的な再点検を支援する「ソフトウェアライセンス再点検全国キャンペーン」を、2005年4月27日から7月29日にかけて共同で開催する。

同キャンペーンは、違法コピーの予防に向けて、ソフトウェアの利用状況やライセンス保有状況のチェックなど、企業の自主的な再点検を促すもので、3つの施策で構成されている。「ソフトウェアライセンス再点検推進月間」は、期間中両団体のホームページに再点検登録窓口を開設して自主的な再点検を促すとともに、点検後の相談も受けるというもの。

また、経営者に再点検の必要性を理解してもらうための「ライセンス点検推進全国セミナー」、および今後両団体が制作するソフトウェア管理マニュアルや社内教育用ツール作成などに反映するため、ソフトウェア利用者の声を聞く「企業訪問ヒアリング」が実施される。

リリース
http://www2.accsjp.or.jp/topics/release3.html

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

ビジネス ソフトウェア アライアンス
http://www.bsa.or.jp/

関連記事:英語学習教材CDの海賊版を「おまけ」として出品 - 会社員男性を逮捕
http://www.security-next.com/001509.html

関連記事:アーケード用ゲームの海賊版を販売 - 大学院男性を起訴
http://www.security-next.com/001463.html

関連記事:「ホットライン」でフォントを無許諾公開 - 会社員男性が逮捕
http://www.security-next.com/001442.html

関連記事:プリペイド式携帯電話により身元隠蔽 - 摘発海賊版販売業者
http://www.security-next.com/001426.html

(Security NEXT - 2005/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起