Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSとBSA、ソフトウェアライセンス管理の再点検を支援するキャンペーンを実施

コンピュータソフトウェア著作権協会とビジネス ソフトウェア アライアンスは、ソフトウェアライセンスの自主的な再点検を支援する「ソフトウェアライセンス再点検全国キャンペーン」を、2005年4月27日から7月29日にかけて共同で開催する。

同キャンペーンは、違法コピーの予防に向けて、ソフトウェアの利用状況やライセンス保有状況のチェックなど、企業の自主的な再点検を促すもので、3つの施策で構成されている。「ソフトウェアライセンス再点検推進月間」は、期間中両団体のホームページに再点検登録窓口を開設して自主的な再点検を促すとともに、点検後の相談も受けるというもの。

また、経営者に再点検の必要性を理解してもらうための「ライセンス点検推進全国セミナー」、および今後両団体が制作するソフトウェア管理マニュアルや社内教育用ツール作成などに反映するため、ソフトウェア利用者の声を聞く「企業訪問ヒアリング」が実施される。

リリース
http://www2.accsjp.or.jp/topics/release3.html

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

ビジネス ソフトウェア アライアンス
http://www.bsa.or.jp/

関連記事:英語学習教材CDの海賊版を「おまけ」として出品 - 会社員男性を逮捕
http://www.security-next.com/001509.html

関連記事:アーケード用ゲームの海賊版を販売 - 大学院男性を起訴
http://www.security-next.com/001463.html

関連記事:「ホットライン」でフォントを無許諾公開 - 会社員男性が逮捕
http://www.security-next.com/001442.html

関連記事:プリペイド式携帯電話により身元隠蔽 - 摘発海賊版販売業者
http://www.security-next.com/001426.html

(Security NEXT - 2005/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応