Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻めのセキュリティ戦略が重要 - 経団連提言

日本経済団体連合会は、「企業の情報セキュリティのあり方に関する提言」を発表した。

経団連では、ITの基盤整備も進みつつある一方、安全なIT環境の整備が課題であるとし、4月に全面施行となる「個人情報保護法」により、コンプライアンスとしての情報セキュリティの重要性が増大するとしている。

個人情報漏洩事故では、企業が加害者として扱われ、消費者、ビジネスパートナー、世論から厳しい批判を受ける事例が増加しているとして、経営者が情報セキュリティ対策をコーポレートガバナンスの一環と捉え、社会的責任として、自主的な取組みを進めていくことを基本とすべきとまとめている。

また、セキュリティへの投資は費用対効果の明確でないコストと認識されることが多かったが、情報管理と情報活用を両立させることで競争上の優位性を確保、情報セキュリティ対策を肯定的に捉え、攻めの経営に活かすことが重要と述べ、情報セキュリティ対策には経営トップの理解と強いリーダーシップを求めている。

(Security NEXT - 2005/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ