Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アシストマイクロ、電子文書化サービスに暗号化を追加

アシストマイクロは、アナログデータのデジタル化サービス「e-docサービス」に暗号化機能を付加した「ARM-Docサービス」の提供を、2005年3月25日より開始する。

同サービスは、文書や図面など紙のドキュメント類、マイクロフィルム、カラー写真といったアナログデータを一括処理でデジタル化する「e-docサービス」に、イージーシステムズジャパンの情報漏洩防止ソフトウェア「ezFile Security 2」を採用することで、データの暗号化処理を提供するもの。

ファイル単位でセキュリティポリシーを設定できるため、利用効率性を維持したまま、情報の漏洩や改ざんを防止できるという。暗号化の価格は、A4サイズ1ページで2円から。電子化は、同サイズ1ページで8円からの別途費用がかかる。

(Security NEXT - 2005/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション