Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アシストマイクロ、電子文書化サービスに暗号化を追加

アシストマイクロは、アナログデータのデジタル化サービス「e-docサービス」に暗号化機能を付加した「ARM-Docサービス」の提供を、2005年3月25日より開始する。

同サービスは、文書や図面など紙のドキュメント類、マイクロフィルム、カラー写真といったアナログデータを一括処理でデジタル化する「e-docサービス」に、イージーシステムズジャパンの情報漏洩防止ソフトウェア「ezFile Security 2」を採用することで、データの暗号化処理を提供するもの。

ファイル単位でセキュリティポリシーを設定できるため、利用効率性を維持したまま、情報の漏洩や改ざんを防止できるという。暗号化の価格は、A4サイズ1ページで2円から。電子化は、同サイズ1ページで8円からの別途費用がかかる。

(Security NEXT - 2005/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大