Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、ファイアウォールの運用管理代行サービスを提供

ラックは、ファイアウォール製品を対象としたリアルタイムのセキュリティ監視と、運用および管理業務を行うサービス「Firewall24+」を、2005年4月1日より提供開始する。

同サービスは、ファイアウォールの運用、管理の代行業務にくわえ、24時間365日のリアルタイムセキュリティ監視とログ分析を提供するマネージド・サービス。社内ネットワークで異変が発生した際、即座に対処方法などのアドバイスも含めてユーザーに報告する。

また、同社が収集したセキュリティ関連情報や脆弱性情報の中から、ユーザーに有用と判断される情報のみを配信するサービスも提供される。なお、同サービスはJuniper NETWORKSの「Netscreenシリーズ」を対象機器としており、今後マーケットの動向に応じて対象機器の追加を検討する予定だという。

(Security NEXT - 2005/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市