Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、ファイアウォールの運用管理代行サービスを提供

ラックは、ファイアウォール製品を対象としたリアルタイムのセキュリティ監視と、運用および管理業務を行うサービス「Firewall24+」を、2005年4月1日より提供開始する。

同サービスは、ファイアウォールの運用、管理の代行業務にくわえ、24時間365日のリアルタイムセキュリティ監視とログ分析を提供するマネージド・サービス。社内ネットワークで異変が発生した際、即座に対処方法などのアドバイスも含めてユーザーに報告する。

また、同社が収集したセキュリティ関連情報や脆弱性情報の中から、ユーザーに有用と判断される情報のみを配信するサービスも提供される。なお、同サービスはJuniper NETWORKSの「Netscreenシリーズ」を対象機器としており、今後マーケットの動向に応じて対象機器の追加を検討する予定だという。

(Security NEXT - 2005/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも