Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英語学習教材CDの海賊版を「おまけ」として出品 - 会社員男性を逮捕

愛知県警は3月8日、オークションサイトを介して英語学習教材CDの海賊版を販売していた会社員男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会の発表によれば、男性は、2003年10月28日ごろから2004年3月29日ごろまでの間、アリスコーポレーションが著作隣接権を持つ英語学習教材「マジック・リスニング」を無断複製したCD-R計3枚を、ヘッドホンの「おまけ」として3人に通信販売していた。

同協会によれば、逮捕に先立って行われた被疑者宅の家宅捜索では、パソコン1台、ハードディスク2台などのほか、正規品の「マジック・リスニング」一式などが押収されていたという。

(Security NEXT - 2005/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ