Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染被害が大幅に減少 - トレンドマイクロ2月度レポート

トレンドマイクロは、日本国内における、2005年2月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートによれば、今月のウイルス感染被害の総報告数は2736件で、先月の3610件から大幅に減少した。WORM_AGOBOT(1位)、WORM_RBOT(3位)、WORM_SDBOT(4位)と、bot系プログラムがランキング上位に3種も入っている。bot系ウイルスについては2002年の登場以来、報告は少なかったが、昨年末から増加傾向にあるという。

また、MSN Messengerを利用して感染を広げるWORM_BROPIA.Fというウイルスがあらたに発見された。ウイルスはメールの添付ファイルとして送られてくると思い込んでいるユーザーにとって、メッセンジャーを悪用して感染するウイルスは余り警戒の対象になっていないという。同社では感染危険度を「中」に設定して、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町