Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染被害が大幅に減少 - トレンドマイクロ2月度レポート

トレンドマイクロは、日本国内における、2005年2月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートによれば、今月のウイルス感染被害の総報告数は2736件で、先月の3610件から大幅に減少した。WORM_AGOBOT(1位)、WORM_RBOT(3位)、WORM_SDBOT(4位)と、bot系プログラムがランキング上位に3種も入っている。bot系ウイルスについては2002年の登場以来、報告は少なかったが、昨年末から増加傾向にあるという。

また、MSN Messengerを利用して感染を広げるWORM_BROPIA.Fというウイルスがあらたに発見された。ウイルスはメールの添付ファイルとして送られてくると思い込んでいるユーザーにとって、メッセンジャーを悪用して感染するウイルスは余り警戒の対象になっていないという。同社では感染危険度を「中」に設定して、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催