Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第三銀行、クレジットカード申込書など個人情報の入った鞄を紛失

第三銀行は、2月25日、四日市支店の職員が会社からの帰宅途中、11名分のクレジットカード申込書など、顧客情報の入った鞄を紛失したと発表した。

紛失した顧客情報は、クレジットカードの申込書11名分、住宅ローン申込書類1名分、同行のビジネスクラブの法人申込書1社分で、これらには名前、性別、生年月日、住所、電話番号などの個人情報が含まれていたという。現時点で、情報の不正使用などの事実は確認されていない。

また、同行が業務推進資料として作成した書類で、個人21名、法人46社の名前が記載された資料も、同時に紛失した。同行では、被害を受けた顧客へ事実説明し、謝罪するとともに、再発防止に向けて、顧客情報の管理強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース