Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAがEコマースサイトの脆弱性対策をわかりやすく解説 - チェックリスト付き

情報処理推進機構(IPA)は、ショッピングサイト運営者が、サイト上で発生する可能性がある問題に対し、適切に対策ができるよう注意事項をまとめ、公表した。

ショッピングサイトは、商品情報や利用者情報のほか、クレジットカード情報を扱うため、セキュリティ上の問題が発生した場合、金銭的な被害が発生する可能性がある。今回公開された資料は「消費者向け電子商取引サイトの運用における注意点」では、17ページにわたり、わかりやすく解説されている。

また、チェックリストが提供されており、ショッピングサイトの運営者は気軽にサイトの脆弱性チェックを行うことができる。

(Security NEXT - 2005/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ