Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大日本印刷、コンテンツの不正コピーを防ぐセキュリティ配信サービスを開始

大日本印刷とDNPデジタルコムは、共同運営するストリーミング配信ホスティングサービス「BBGalaxy」において、音声や映像などデジタルコンテンツのセキュリティ配信サービスを開始した。

同サービスは、映像や音声などのデジタルコンテンツの配信と、コンテンツ視聴時に必要となるライセンスの発行を行うASPサービス。コンテンツを暗号化して配信することにより、あらかじめライセンスを取得したパソコンでのみ視聴可能にできる。また、ダウンロードしたファイルをコピーして、ほかのパソコンで視聴することも困難となる。

視聴回数や視聴期間を無制限とすることも、あるいはコンテンツごとに設定することも可能。また、ストリーミング配信以外にも、ダウンロード形式やパッケージによるコンテンツ提供にも対応する。初期設定費は15万円から。月額費用は、5000ライセンス未満で20万円から。コンテンツの暗号化、視聴条件設定費用が別途必要となる。

(Security NEXT - 2005/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ