Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村総研、テキスト内の個人情報を自動的にマスク処理するツールを発売

野村総合研究所は、テキストデータの文章中に含まれる氏名、電話番号などの個人情報を自動的にマスク処理して漏洩を防止する「TRUE TELLER 個人情報フィルタ」を発売した。

同製品は、企業内に蓄積されたテキストデータに対して、個人情報の可能性が高い文字列を抽出し、マスク処理を自動的に行なうもの。文章構造の解析技術を利用することで、精度の高い個人情報の抽出が可能になった。

大量なテキストデータを一括で処理する「バッチ処理機能」と、人が判断しながらマスク処理を行なう「逐次処理機能」を搭載しているため、データの量やマスク処理の品質など、状況に合わせた使い方ができる。価格は、1ライセンスで60万円。バッチ処理機能付きは、1ライセンス80万円となっている。

(Security NEXT - 2005/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ