Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村総研、テキスト内の個人情報を自動的にマスク処理するツールを発売

野村総合研究所は、テキストデータの文章中に含まれる氏名、電話番号などの個人情報を自動的にマスク処理して漏洩を防止する「TRUE TELLER 個人情報フィルタ」を発売した。

同製品は、企業内に蓄積されたテキストデータに対して、個人情報の可能性が高い文字列を抽出し、マスク処理を自動的に行なうもの。文章構造の解析技術を利用することで、精度の高い個人情報の抽出が可能になった。

大量なテキストデータを一括で処理する「バッチ処理機能」と、人が判断しながらマスク処理を行なう「逐次処理機能」を搭載しているため、データの量やマスク処理の品質など、状況に合わせた使い方ができる。価格は、1ライセンスで60万円。バッチ処理機能付きは、1ライセンス80万円となっている。

(Security NEXT - 2005/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション