Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村総研、テキスト内の個人情報を自動的にマスク処理するツールを発売

野村総合研究所は、テキストデータの文章中に含まれる氏名、電話番号などの個人情報を自動的にマスク処理して漏洩を防止する「TRUE TELLER 個人情報フィルタ」を発売した。

同製品は、企業内に蓄積されたテキストデータに対して、個人情報の可能性が高い文字列を抽出し、マスク処理を自動的に行なうもの。文章構造の解析技術を利用することで、精度の高い個人情報の抽出が可能になった。

大量なテキストデータを一括で処理する「バッチ処理機能」と、人が判断しながらマスク処理を行なう「逐次処理機能」を搭載しているため、データの量やマスク処理の品質など、状況に合わせた使い方ができる。価格は、1ライセンスで60万円。バッチ処理機能付きは、1ライセンス80万円となっている。

(Security NEXT - 2005/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト