Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社、本人確認機能を強化したICカードを発行 - 生体認証も

日本郵政公社は、生体認証(バイオメトリクス)による本人確認機能を付加したICキャッシュカードの発行を、2006年10月から開始する予定だと発表した。

キャッシュカード偽造の防止やセキュリティ対策強化のため、偽造、不正読み取りが困難なICキャッシュカードを発行する。本人確認の方法は、「暗証番号」および「指静脈認証」を採用している。指静脈認証は選択制のため、「指静脈データ」の登録を希望する利用者は、発行されたICカードを郵便局の窓口に提出し、ICチップに登録処理を行う。

ICカードの発行、および既存カードからの切り替え手数料は無料となる予定。また、同カードを導入していない提携先ATMでの利用、およびデビットカードとしての利用も可能にするための「磁気ストライプ」を貼付するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも