Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社、本人確認機能を強化したICカードを発行 - 生体認証も

日本郵政公社は、生体認証(バイオメトリクス)による本人確認機能を付加したICキャッシュカードの発行を、2006年10月から開始する予定だと発表した。

キャッシュカード偽造の防止やセキュリティ対策強化のため、偽造、不正読み取りが困難なICキャッシュカードを発行する。本人確認の方法は、「暗証番号」および「指静脈認証」を採用している。指静脈認証は選択制のため、「指静脈データ」の登録を希望する利用者は、発行されたICカードを郵便局の窓口に提出し、ICチップに登録処理を行う。

ICカードの発行、および既存カードからの切り替え手数料は無料となる予定。また、同カードを導入していない提携先ATMでの利用、およびデビットカードとしての利用も可能にするための「磁気ストライプ」を貼付するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS