Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5人に1人がPCからの個人情報漏洩について未対策 - ガートナー調査

ガートナージャパンは、PC内における個人情報の取り扱いに関する調査を実施し、結果を公表した。同社の固定パネル約1600人に対し、1月下旬にウェブ上で実施したもの。有効回答数は643だった

同社によれば、企業内のPC利用者において53.8%が顧客リストなど何らかの個人情報をPC内に記録していることがわかった。それら情報については、ほとんどの回答者が暗号化やパスワードなど適切な措置をとっているものの、操作ミスといった漏洩事故と隣り合わせにあるという。PCに「個人情報を入れていない」と回答した人は41.0%でした。

また、業務内容により保有する率が変化し、営業、販売、サービス部門については、73.4%の人が個人情報を個人利用PC内に保有していた。

漏洩対策については、52.8%が「暗号やパスワードで保護」しているとし、さらに20.8%が「そのほか慎重に適切な管理手法を実行」していると回答している。一方で、21.5%が「危険を感じているので対策を講じたい」としており、約5人に1人が未対応であることがわかった。

(Security NEXT - 2005/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携