Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通長野、電子メールによる情報漏洩を防止する「「メールセキュア」の新バージョン

富士通長野システムエンジニアリングは、電子メールによる社内情報の漏洩を防止する「メールセキュアシリーズ」の新バージョン「同V2」を3月1日より提供開始する。

同製品は、メールサーバを経由のメールをすべて保存し、検索、閲覧できる「MailKeeper」、フィルタリング機能を提供する「MailDefender」、成りすましを防止する「MailDoor」より構成されるサーバソフト。

「MailKeeper」では、操作性や統計機能が向上したほか、管理者権限が強化され、サーバ管理者と閲覧者の権限を分け、操作できる人間を限定できるようになった。また、利用者がメールを誤って消去した際も、保存メールより再送できる。

フィルタリング機能を提供する「MailDefender」では、フィルタリングの条件を追加したほか、条件に合致したメールの送受信があった際、管理者に連絡する「メール通知機能」などが追加となった。

(Security NEXT - 2005/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込