Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐賀県地域産業支援センターが不正アクセス被害 - フィッシングの踏み台に

佐賀県地域産業支援センターは、公開ウェブサーバがハッキングの被害に遭い、ウェブサーバを停止したと発表した。

フィッシング詐欺の偽装サイトが開設されていたもので、インターネットバンキングのIDやパスワードの詐取に利用されたという。同センターでは、サーバをネットワークから隔離し、アクセスを遮断、現在復旧を進めている。

アクセスログを解析した結果、フィッシングサイトへのアクセスは2月13日の午前0時15分に始まり、対策するまでの間に286件のアクセスがあったという。アクセスしたユーザーの実質被害については不明。また、同サーバ上の改ざんといった被害は発生しなかった。
現在、同センターが提供している経営相談サービスおよび企業情報データベースの提供が停止している。

(Security NEXT - 2005/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
メール誤送信で社会実験参加者のメアド流出
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
なりすましメールに注意呼びかけ - 国分グループ本社
「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット