Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀行、キャッシュカードの不正利用対抗策を発表 - 生体認証や保険も

三井住友銀行は、キャッシュカード利用時のセキュリティを向上させると発表した。

ダイレクトバンキングサービス「One'sダイレクト」契約者へ9月をめどに、セキュリティサービス「ATMロックサービス」「ATM出金のお知らせサービス」を導入する。

「ATMロックサービス」は、パソコンや携帯電話よりATM出金取引機能を口座ごとに停止し、出金時のみ携帯電話などより出金を許可できるサービス。出金後は再び自動的に再停止される。

また「ATM出金のお知らせサービス」では、ATMで出金するごとにあらかじめ登録したメールアドレス宛にメールを送付、出金を通知する。

さらに、異常取引のモニタリング強化や、ICキャッシュカードに保険を付保し、盗難、偽造、変造など行われた場合に対応。保険料は同行が負担するという。また、バイオメトリクス(生体認証)を利用した本人確認を2005年内に導入する見込み。

(Security NEXT - 2005/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
木工ワークショップのウェブサイトが改ざん被害
名簿など保育園情報含むUSBメモリが所在不明 - 瀬戸内市
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず