Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとA&Iがセキュリティ事業で提携

ラックとエー・アンド・アイシステムは、情報セキュリティサービス事業の拡大を目指し、業務および資本関係において提携したと発表した。

ラックは今回の提携を契機に、エー・アンド・アイからSE人材支援を受け、人材リソースの充実を目指し、検査、コンサルティング、監視、構築といった総合的なセキュリティサービスを提供する。また、データベースセキュリティ技術を核としたSI事業とセキュリティ事業の融合によるシステムソリューションなど、新たなサービスの供給体制の拡大を目指す。

エー・アンド・アイは、システムインテグレーションにおけるセキュリティ強化対策や情報漏洩防止対策など、広範囲なサービス提供を実現したいとしている。

(Security NEXT - 2005/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
フィッシング対策協議会、3月の報告会を中止 - コロナ感染拡大で
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出