Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生保協会、個人情報取扱指針を全面改定

生命保険協会は、個人情報保護法の完全施行に対応するため、従来の「生命保険業における個人情報保護のための取扱指針について」を全面的に改定した。

同協会では、取り扱い指針の喘鳴改訂に加え、「生命保険業における個人情報保護のための取扱指針の安全管理措置等についての実務指針」を策定した。適用日は2005年4月1日。

取り扱い指針は全23ページで、金融庁のガイドラインに沿う形で改訂されている。生命保険では、生涯保障を中核としているため、取り扱う個人情報に長期性や多様性があり、扱う個人情報も多く、同指針を元に個人情報保護を実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも