Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTCとEMCジャパン、個人情報保護対策ソリューションを共同提供

伊藤忠テクノサイエンスとEMCジャパンは、企業における電子メールや個人情報関連データを安全に保管、管理する個人情報保護対策ソリューションの提供を開始した。

同ソリューションは、機密情報の長期保管に適したストレージシステム「EMC Centera」と、電子メールアーカイブ&フィルタリングソフトウェア「WISE Audit for Centera」、およびクライアント端末上のデータを自動的にバックアップするソフトウェア「Connected DATAPROTECTER」を組み合わせたパッケージ製品を中心に、導入から運用保守サービスにいたるトータルサービスを一括提供するもの。

両社では2005年3月31日まで共同キャンペーンを実施しており、キャンペーン価格として998万円で提供される。価格は、導入までのサービス込みとなっている。

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催