Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTCとEMCジャパン、個人情報保護対策ソリューションを共同提供

伊藤忠テクノサイエンスとEMCジャパンは、企業における電子メールや個人情報関連データを安全に保管、管理する個人情報保護対策ソリューションの提供を開始した。

同ソリューションは、機密情報の長期保管に適したストレージシステム「EMC Centera」と、電子メールアーカイブ&フィルタリングソフトウェア「WISE Audit for Centera」、およびクライアント端末上のデータを自動的にバックアップするソフトウェア「Connected DATAPROTECTER」を組み合わせたパッケージ製品を中心に、導入から運用保守サービスにいたるトータルサービスを一括提供するもの。

両社では2005年3月31日まで共同キャンペーンを実施しており、キャンペーン価格として998万円で提供される。価格は、導入までのサービス込みとなっている。

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明