Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームに不正アクセスで、ゲーム内通貨が不正利用

NHN Japanは、同社が運営するオンラインゲーム「ハンゲーム」において不正アクセスが発生し、一部ユーザーがチャージしていたゲーム内通貨が不正利用を受けたと発表した。

同社によれば、2月9日、システム上の問題を利用した第三者により、359件のユーザーIDが不正アクセスを受けた。そのうち、ゲーム内通貨である「ハンコイン」の不正利用を受けたのは131件。また、登録されている個人情報やパスワードなどの漏洩は発生していないという。

同社では、被害者全員に対して個別に謝罪のメールを送るとともに、ハンコインの不正利用を受けたユーザーに対しては、再チャージによる現状回復と1000円分のハンコインの追加チャージを行った。

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
記者宛のメールで送信ミス、メアド流出 - 大阪市
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
市立図書館に不正アクセス、メール送信の踏み台に - 富山市
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
若年層向け啓発コンクールの受賞作品決定 - 応募総数6万点超
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を