Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プレイオンラインの偽装サイトに注意を喚起 - スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックスは、「ファイナルファンタジーXI」などのネットワークゲームを提供するプレイオンラインの公式ウェブサイトを装って虚偽のログイン認証画面に誘導し、IDおよびパスワードを盗用する不正行為が発覚したと発表した。

同社によれば、不正を行っていた会員を発覚直後に強制退会処分としたほか、公的機関に被害届を提出し、捜査の要請を行った。また、偽装ウェブサイトはすでに削除されていることを確認したという。

同社では、プレイオンラインパスワードをゲーム内やメール、電話などで尋ねることはないとしている。またIDやパスワードを入力する場合には、「playonline.com」ドメインのウェブページであることを確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ