Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プレイオンラインの偽装サイトに注意を喚起 - スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックスは、「ファイナルファンタジーXI」などのネットワークゲームを提供するプレイオンラインの公式ウェブサイトを装って虚偽のログイン認証画面に誘導し、IDおよびパスワードを盗用する不正行為が発覚したと発表した。

同社によれば、不正を行っていた会員を発覚直後に強制退会処分としたほか、公的機関に被害届を提出し、捜査の要請を行った。また、偽装ウェブサイトはすでに削除されていることを確認したという。

同社では、プレイオンラインパスワードをゲーム内やメール、電話などで尋ねることはないとしている。またIDやパスワードを入力する場合には、「playonline.com」ドメインのウェブページであることを確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
英会話教室でメール誤送信、保護者のメアドなど流出 - 東京ガイダンス
政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
「VMware ESXi」「Horizon DaaS」に深刻なRCE脆弱性
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
「Photoshop CC」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートを
認証システム「Athenz」に脆弱性 - アップデートがリリース