Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、ネットワーク上PCのセキュリティを確保するサーバ最新版を発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、ネットワークに接続するPCのセキュリティを実現するサーバソフト「Check Point Integrity 6.0」を発表した。

同製品は、事前防御やアクセスポリシーの適合を集中管理できるサーバ製品。最新バージョンとなる「6.0」では、最新機能「Program Advisor」により、未知の脅威に対する防御能力が向上。管理者がPC上のアプリケーションについて、ネットワークアクセスの許可や遮断するといったアクセスポリシーの決定について、大幅に自動化が可能。

また、「Malicious Code Protector」技術を搭載し、バッファオーバーフローをはじめとする攻撃を阻止できるという。

(Security NEXT - 2005/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装