Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットマークス、情報流出時の追跡調査が可能なアプライアンスサーバを発売

ネットマークスは、ネットワーク上のPCの操作ログを収集、記録し、機密情報などが流出した場合の追跡調査を可能にする「監査証跡アプライアンスサーバー」2機種を発売する。

「SEER監査証跡アプライアンスサーバー」は、企業内のすべてのクライアントPCやサーバを対象としたもので、操作履歴や通信履歴、共有ファイルの利用履歴などのログを収集、保管し一元的に管理する。価格は、500ユーザーで1060万円。1000ユーザーで1560万円となっている。

「ESS REC監査証跡アプライアンスサーバー」は、顧客情報や機密情報などを保持する高セキュリティエリア内の機器を対象としたもので、操作画面の動画像やキーボード入力などを克明に記録する。また、操作記録を検索し、操作意図の確認や警告を行なうことができる。価格は、500万円から。

(Security NEXT - 2005/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も