Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、2004年第3四半期のインターネット治安情勢を公表

警察庁は、2004年10月から12月までのインターネット治安情勢を公表した。

同庁のファイアウォールに対する外部ネットワークからのアクセス件数は約228万9000件で、前期から約12万8000件減少したが、侵入検知装置におけるアラートは約8万6000件で約1万3000件増加した。

IDSのアラート増加原因は、中国からのSQL Slammerワームによるもので、2004年11月28日から同12月15日にかけて一時的に急増したという。また、80番ポートへのSYN flood攻撃の割合が約75%と高かった。SSHにより不正侵入を試みた形跡についても32件記録されたという。

また、同庁は昨今増加している「botnet」に対する注意を促している。「botnet」とは、攻撃者のプログラム「bot」に感染したコンピュータ群。DoS攻撃やスパム送信など、botを踏み台にあらゆる攻撃が行われる。

同庁では、3万台以上のbotを持つbotnetを確認したという。英国においては、攻撃することを予告し、金銭を要求するサイバー恐喝事件が発生しており、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定