Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、IDSを利用したセキュリティ検針サービスを提供

NTTコミュニケーションズは、「セキュリティ検針」サービスを3月から提供開始すると発表した。1月31日より申し込みを受け付ける。月額利用料は13,4400円から(別途初期費用必要)。

同サービスは、不正侵入検知システム(IDS)を顧客ネットワーク内に設置、内部の不正使用や外部からの攻撃を監視するもの。IDSで収集したログは、同社のセキュリティオペレーションセンターにて解析、脅威レベルが数値化され、顧客はウェブサイトにて確認できる。

また、ウイルスが多発するなど緊急時には電話やメールで通知し、アドバイスや対策支援を行う。さらに、自治体に対しては、総合行政ネットワーク(LGWAN)経由でIDS監視,情報提供などのサービスを提供する。

(Security NEXT - 2005/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定