Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リモートメンテナンス操作の記録により情報漏洩を抑止 - エンカレッジ・テクノロジ

エンカレッジ・テクノロジは、外部委託者によるリモート・メンテナンス操作を記録し、情報漏洩を抑止するソフトウェア「Remote Access Auditor」を、1月下旬より発売する。

同ソフトは、リモートでアクセスした時のネットワークの入り口に設置することにより、リモート・メンテナンスの際に行われたすべての操作内容を、画面操作も含めて克明に記録するもの。

保存された操作記録の中から疑わしい操作が見つかった場合、前後の画面操作を動画像で再現することができる。そのため、万一情報漏洩が発生した場合、速やかに漏洩経路の特定が行えるという。価格は、1ライセンス当たり120万円から(税別)。

(Security NEXT - 2005/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず