Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策の自動化で負担と被害を抑制 - 日立情報システムズ

日立情報システムズは、社内ネットワークへのウイルス侵入や内部情報漏洩、盗聴などを検知し、自動的に被害拡大を阻止するセキュリティ対策ソフトウェア「SHIELD/ExLink」を発売した。

同ソフトは、ネットワークの構成変更や専用のクライアントアプリケーションを必要とせず、各種セキュリティ製品と連携させ、対策の自動実行を可能にするもの。セキュリティ脅威が発生した場合、管理者による状況確認や判断を介することなく、自動処理して即時に対策を実行するため、被害の拡大を防ぐことができる。

同ソフトと各種セキュリティ製品との連携により、ウイルス対策の自動化、社内ネットワークへのアクセス制限および盗聴防止などが可能。連携する各種ソフトウェアは、2005年3月より発売予定となっている。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都