Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策の自動化で負担と被害を抑制 - 日立情報システムズ

日立情報システムズは、社内ネットワークへのウイルス侵入や内部情報漏洩、盗聴などを検知し、自動的に被害拡大を阻止するセキュリティ対策ソフトウェア「SHIELD/ExLink」を発売した。

同ソフトは、ネットワークの構成変更や専用のクライアントアプリケーションを必要とせず、各種セキュリティ製品と連携させ、対策の自動実行を可能にするもの。セキュリティ脅威が発生した場合、管理者による状況確認や判断を介することなく、自動処理して即時に対策を実行するため、被害の拡大を防ぐことができる。

同ソフトと各種セキュリティ製品との連携により、ウイルス対策の自動化、社内ネットワークへのアクセス制限および盗聴防止などが可能。連携する各種ソフトウェアは、2005年3月より発売予定となっている。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収