Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、ウェブサイトの改ざんを自動復旧するシステム

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、JNSとの提携により、ウェブサイトの改ざん検知、自動復旧システム構築サービス「Webエイド」の提供を開始した。

同サービスは、ホームページを監視して改ざんを検知し、早急に自動復旧するシステムを構築するもの。JNSが提供するサイトの改ざん検知、自動復旧システム「isAdmin for Web Pro」と、同社のコンテンツ管理製品「Webコアシリーズ」との連携によって実現した。

正しいコンテンツ情報を取得して定期的にチェックを行い、コンテンツの改ざんを検知した場合は、サイト管理者への報告とともに正しいコンテンツに自動復旧する。ユーザーの環境に合わせて改ざん検知の範囲や期間、報告形式や自動復旧を細かく設定することが可能。

また、管理用マシンへのインストールのみで導入でき、コンテンツ更新時の運用管理者による作業は必要ないため、導入や運用の負担を軽減できる。標準価格は、製品が50万円。導入支援サービスが30万円(ともに税別)。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット