Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、ウェブサイトの改ざんを自動復旧するシステム

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、JNSとの提携により、ウェブサイトの改ざん検知、自動復旧システム構築サービス「Webエイド」の提供を開始した。

同サービスは、ホームページを監視して改ざんを検知し、早急に自動復旧するシステムを構築するもの。JNSが提供するサイトの改ざん検知、自動復旧システム「isAdmin for Web Pro」と、同社のコンテンツ管理製品「Webコアシリーズ」との連携によって実現した。

正しいコンテンツ情報を取得して定期的にチェックを行い、コンテンツの改ざんを検知した場合は、サイト管理者への報告とともに正しいコンテンツに自動復旧する。ユーザーの環境に合わせて改ざん検知の範囲や期間、報告形式や自動復旧を細かく設定することが可能。

また、管理用マシンへのインストールのみで導入でき、コンテンツ更新時の運用管理者による作業は必要ないため、導入や運用の負担を軽減できる。標準価格は、製品が50万円。導入支援サービスが30万円(ともに税別)。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず